--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/26.Mon

徐々に

綴れの織り場だけで毎日クタクタになってしまっていたので自宅作業は今まで完全に
ストップしていたけれど休みが出来て徐々に作業もぼちぼち出来るようになってきたので
これなら家でも簡単な綴れなら同時進行も出来るかも~と
綴れの作業も自宅でできるように準備中。

会社のものはすべて揃ってるのでなんとも思っていなかったのだけど
用意するのがちょっと手間どったのがネル。
機料屋さんで何軒か探したけれど今は取り扱っていないそうで・・・
(最初から生地屋さんへ行けば良かったのだけど・・・でも今手芸店がない・・・)
綴れ自体織る人も少なくなっているんだろうけれどそんなに需要がないのか・・・
ちょっと寂しいな。。。と思いました。
まあ、でも一度買えばこのネル結構年数も使えちゃうので
そんなに買い換えることもないのですけど。。。
起毛で少しフンワリ。あんまり汚れたりしちゃうと洗濯しますが
洗濯しちゃうとやはり毛もなくなるし、固くもなってしまうのであまりしません。
フンワリ感や起毛がなくなると交換します。
このようにネル生地を織った布にはさみこんで織っていくのは綴れならではかな。
(通常の着尺や帯だとそのまま重ねていきます。)

このネルはとっても重要な道具になります。
綴機は織り前巻き取りがちょうどお腹の位置に巻かれていきます。
織り前を汚さないことと綴れの織り上がった生地を保護するのはもちろんなのだけれど
お腹にあたってスレが出来るのも防いでいます。
織るときには特に注意することなのだけれど
自分の着ているものによってもスレにより生地がテカテカになってしまうことが
あるのです。。。特にパンツだとベルトの金属部分やボタンによっても起こります・・・
プラスチックでもおこったのでもう私なんかはゴムズボンにしちゃってますが。。。
個人的にはズボンが大嫌いなのでスカートのがいいんだけどなあ・・・
でも仕事=ズボンなのよね。。。いっそ着物の方がまだいいなあと思うのですが・・・
私の足は短いのでちょっと長めのズボンなんか履くと
踏み木に見事に引っ掛かるのデス・・・
(後ろ支点なので引っかかるのよね・・・前支点なら引っ掛からないのに・・・)

金属部分があたるとちょっとネルでも防げないことがありますが
直にあたり、汚れたり傷がつくのを防護してくれています。
綴織りの場合図柄に入るとかなりの日数を(柄によりますが。。。)
織り前が同じ位置にいるので柄を織るのに夢中でお腹で圧迫し過ぎてしまわないように
気をつけなくてはいけません。。。(慣れもありますけどね。)

今回は白だけ購入しましたが経糸の色によっては黒も使います。
なぜかというとこのネルの白い起毛が濃い地色だと白く目立って入ってしまうので。
それと同じ理由により、ズボンだけでなく上着も!注意しなくてはいけないのです。。。
特に淡い色の地色の場合、着ているものの細かな毛が一緒に織り込まれて
しまうから~・・・セーターは一番気をつけるのですが木綿の普通のシャツですら
織物とかけ離れた色を着るのは危険・・・
静電気で織り前に必ず寄ってくるし・・・
こんなに細くって小さいのに・・・と思うけれど、それが物凄く目立つのデス・・・
なので織りこんでしまったら戻ります・・・
着るものにすらここまで気を使わなければならない。という綴織りです。

nelu.jpg
白ネル。半分に切って使います。

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
織道具 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。