--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/18.Sun

蚕飼育教室

連休の18日養蚕振興協議会のお手伝いで京都府亀岡市で行われた
蚕飼育教室へ行ってきました。
お蚕さまを初めて飼育する人を対象にお蚕さま飼育の仕方のレクチャーです。
参加者のみなさんには3齢・5齢のお蚕さまから選んでもらって3頭づつお蚕さまをプレゼント。
ちっちゃい子達は大きい子がいいらしく5齢のお蚕さまが人気。
お蚕様はさっそく触られまくりで

養蚕振興協議会副会長の服部芳和さんからお蚕さまの生態のお話を交えての講義。
そのあと京都福知山の養蚕をDVDで鑑賞と1時間半のお教室で
お子さま達には長いかな~とも思ったけれど参加者みなさん最後まで熱心に
聞いてくださいました。

391.jpg


今回冷凍しておいた繭を持っていっていて会場で繭を切ってさなぎは
こんな姿です~と子供に預けたところ
触りすぎて潰れてしまいました。
実はこのさなぎの中のクリーム状の内臓?もお肌に塗ると
しっとりつやつやになるよ~と塗ってあげると
皆はじめは恐る恐るだったけどその効果はすぐ実感できるので
おおいに盛り上がりました
子供は塗らなくても艶々なんだけど
お母さんたちには美容クリームとしても受けたようです。
繭から作れる化粧水のお話などもすると子供が飼育するより
自分が飼育するのに熱心になりそうだとのご意見も。
3頭だけではちょっと足りないけれど10頭位いれば500cc位の精製水で
3.40分煮出して少し蒸発分少なくなるけれど作れます。
私のお勧めは化粧水としてはもちろんだけど何より髪の毛にスプレーすると
さらさらの艶々になるので是非!といつも勧めています
冷蔵庫では2週間くらいしかもたないので使い切らないのは氷にしておいたり
入浴剤代わりにお風呂に入れたりもします。
化粧水をとった後の繭は真綿状になっているので
化粧水を含ませてそのまま顔に乗せてパックも出来るし
コットンのように使ったり。
使用後はまた煮沸しておけば繰り返し使えるのでこれまたお勧めしてます。

最初は怖くてお蚕様に触れなかった女の子も
最後は平気で触れるようになっていました。
(といってもあまり触るのは良くないのですが
お蚕さまの体温は25度位で触るとひんやりしているのだけれど
人間の体温が36度と考えるとお蚕さまからすると
「暑くてかなわん・・・」なので触るなら
よ~く手を洗って掌に乗せるくらいにしようね~と
お話したけれど・・・はたして皆守れるでしょうか?
無事に3頭成長してくれるといいな。と思います。

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
イベント・実演 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。