--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/07.Sat

養蚕シーズン到来

自宅に植えた桑の苗の葉っぱは、まだまだ固くちいっちゃな蕾ですが
待ちに待ったお蚕さまがやってきました
お店で見せてもらったのは孵化したばっかりの子達~~
ピンクの繭を作るんだそう。(カメラ忘れたので載せれませんが・・・)
人参みたいなきれいなピンクの繭を作ります。
それもそのはず色素にはカロチンが含まれているそうで。
mayu.jpg

この繭は以前にもらった緋紅という種類。中国系の繭です。
(黄色が都浅黄)
写真じゃちょっと薄いですが
可愛いピンク色でしょう
ちょっとこぶりな繭です。

養蚕では稚蚕のときには人口飼料で育てて大きくなったら
桑を与えるところが多いんだそう。
稚蚕を育てる専門の養蚕家さんとに分かれているそうです。
(全部じゃないですけど)
たくさんに何度も育てることを考えると確かに
成長のバラツキがあるから分けた方が効率的なんでしょうね。

京都に残る3軒しかなかった養蚕家さんは
去年1軒廃業されましたが新たに!!2軒増えまして
4軒になられます~後継者が危惧されていましたが
新規に養蚕を志す方が頑張っておられます。
京都の養蚕はすべての養蚕家さんで
最初から最後まで桑の葉で稚蚕から繭になるまで育てられます。

この5月10日(火)には儀式のようにお蚕さまが孵化する日に行う
掃き立てがあります。
当日朝に光っ葉と呼ぶ芽吹いた10㎝程度の桑の葉を摘み取り
種から孵ったお蚕様の上に小さく切って乗せます。
呼び出し桑と呼ばれます。それから時間をおいて
給桑を行います。

作業を行う工程を見学できるツアーもありますので
見学したい方は塩野屋さんへお申込みください。
今回は前日の8・9日の桑茶作りから私も参加いたします。
(泊まり希望の方は近くの宿泊施設にお泊まりいただけるそうです)
桑茶は新芽が出るこの季節にしか作れないので
興味のある方はお問い合わせくださいね。
桑の葉には血圧を安定させる効果などもあるそうです。
(高いのも低いのも)
成人病予防も期待されるということですが
お茶を入れるととってもきれいな緑色で美味しいです。
食いしん坊な私はお茶に限らず天ぷら・おひたし・炒め物と
いただきますが

そして、行きたくっても遠くて行けない・・・
(今回福知山に現地集合のようですので)
という方には、5月31日孵化予定の蚕飼育キットを
ご紹介させていただきますね。
私がこれをオススメするのは何と言っても!!
全齢桑で!しかも卵から孵化をして育てていただけるから!!

はっきり言って葉をお蚕さまを育てる間きちんと準備する
ということは、とっても!とっても!!大変です。
桑の葉は新鮮でなければならないのでずっとは置いておけないので・・・
最後の成長期はものすごい食欲になるから葉の減り具合も予想しづらいし
まず桑がなければそれができないのですが
養蚕家さんのご協力で飼育キットの桑の葉は
供給体制が出来ているので成り立っています。
去年も桑の葉の駆け込み需要が大変だったようですが
今回はもう少し保存が効くのではと
枝付きを送るということを考えています。

今年から頭数が倍になるので
これまた葉の予想はどうなることやらとは思いますが
25頭飼育で内、都浅黄という鮮やかな黄色の繭を作る種類が13粒
黄白という種類12粒(メスが黄色・オスが白の繭を作る種類)
上手くいくと3色の繭を育ててもらえます。

今年の孵化予定は5月31日、6月16日、7月2日、
        7月20日(夏休みの自由研究におすすめ♡)
        9月 5日、9月20日となっています。

孵化予定日より前にお届けしたいので(予定日前に産まれることがあるので)
できれば早い目(それぞれ10日前位には)のご予約をお願いいたします。

肝心の価格は蚕飼育キット2,500円/1箱(送料込)です。
最初の10日間の桑の葉は一緒に発送いたします。
(1回目は葉のみ。枝付きではありません。)
10日目以降の4齢・5齢の桑の葉をご希望の方には
枝付きの桑の葉を箱入りで一箱500円
*価格訂正となりました
1箱1000円となります。(5月18訂正)
福知山の桑園から直送いたします。
(送料は地域により異なりますがクール便で800円~有料となります)

お店の人ではないのですけど、ちょこちょことお手伝いしたり
織物でお仕事させてもらったりとか職人さんの勉強会に参加させて
もらったり店の人が皆出張の時とかたまにお店番などをしたり・・・
今年はそんなご縁で蚕飼育キットご相談係をすることに。
織物作業をしながらとかにはなりますけど・・・
発送等メールや電話で成長具合のご確認などさせてもらいます。
たくさんの方にお蚕さまに触れていただく機会になればと思います。

蚕って蛾になるんでは・・と怖がる方もいるかとは思います。
虫の状態もいきなり大きいのを見ると確かに虫嫌いには
怖いかもしれません。
これは卵の色の変化をみて孵化して成長を見ていくと
なんら問題はないかと思います。
まあ、大きくても大の虫嫌いの人でもいつの間にかだんだん
変化してしまうというのがお蚕さまの不思議なところでは
あるのですが・・・織場で一緒だったHちゃんも
初めはある程度大きかったので・・・なんで持って来るの~~~と
それは嫌がってましたが、絶対に無理!!だったのが
最後には大きな蚕さんも蛾もじっくり観察してました。
私も蛾は大嫌いだったので羽化するのをためらっていたことは
あるのですが、予想に反してといいましょうか
実物を見たら蛾というにはあまりにかわいらしく
私が想像していた大きさより小さかったということもあり
絶対羽化させようと思ったものです。
ちょっとでも飛んだらどうしよう?とかも不安でしたが
お蚕様は蛾になっても飛べません。

反対にちょっとかわいそうになります・・・
なんだか、飛ばしてあげたくなりますけど・・・
(糸量を多くしたいという人の都合で改良されて飛べなくなったので

染色・織物をしている人はもちろんですが
蚕を通して絹を勉強したい方
(お子様やお孫さまに命の循環を伝えたい方)
国産の糸にこだわりたい方!とか
これから養蚕という農業に本気で興味があるという方
撚糸技術(もう、風前の灯となっています)の後継を担いたい!と思われる方
(撚糸技術者になりたい人を現在募集中だそうです)
絹の美容・健康パワーに興味がある方!
毎日もう、絹に囲まれて生活しちゃいたい方!
美味しいお蚕さまを食べたい方でも。
その他いろいろ
ご縁が広がるといいなあと思います。

お蚕さま飼育キットのお問い合わせは私にでも結構ですし
(左側にあるメールフォームご利用ください)
お店の塩野屋さんへ直接お申込みいただいても結構です。
できればメール・faxでのお問い合わせをお願いいたします。
*撚糸工程・美容セミナー・桑茶・その他工程ツアーの件は
 塩野屋さんへお願いいたします。
塩野屋ホームページ



にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
養蚕 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。